既製品を利用するデメリット

他の人と指輪のデザインが被ってしまう

既製品の結婚指輪を選ぶ場合には、他の人と指輪のデザインが被ってしまうことがあり、オリジナリティの面で不満を持つ人も少なくありません。特に、シンプルな図柄や文字などが採用されている既製品の結婚指輪は、仕事からプライベートまで色々なシーンに使えるものの、使用を続けるうちにデザインに飽きてしまうケースもあります。そのため、予算の都合により既製品の結婚指輪を購入する時には、できるだけ夫婦の希望に合うデザインや素材を選ぶのはもちろん、飽きの来ないものを探すことがポイントとなります。なお、休日を利用して結婚指輪の品ぞろえの良さに定評のあるジュエリーショップでお気に入りのアイテムを試着してみると良いでしょう。

購入後に満足のいくサポートが受けられないことも

既製品の結婚指輪は、セミオーダーやフルオーダーと比べて購入費用を抑えられるものの、特にリーズナブルなアイテムについては購入後に満足のいくサポートを受けられないこともあります。そのため、結婚指輪をファッションアイテムの一つと位置付けて、将来的に長く使い続けたい場合には、購入金額やブランドネームにかかわらず、傷の修復やクリーニング、サイズ直しなどの最低限のサポートが用意されているジュエリーショップを選びましょう。また、結婚指輪の購入先の方針によって、アフターサポートの際に高額な料金が発生したり、メンテナンス時の納期が長くなったりすることもあるため、なるべく顧客サービスの良い店舗で注文することが重要です。

大阪で結婚を考えている人もしくは結婚する予定の人はカップルで結婚の証として結婚指輪を大阪で見て探すことが多いです