既製品を利用するメリット

完成品をイメージしやすい

結婚指輪をオーダーメイドで購入する場合、オリジナリティを追求できる反面完成品をイメージしづらいデメリットがあります。既製品ならショップで完成品を直に見ることができますし、自分でデザインを考えることに難しさを感じている方でも安心です。また、単に完成品そのものが届くのではなく、オプションを付属させることもできます。宝石を付けたり、アーム部分を変更したりと全く独自性がないわけではありません。イニシャルを刻印をすることで世界に一つだけの結婚指輪にすることも可能です。せっかくの結婚指輪、とにかく失敗せず確かな品質とデザインを持つ一品を用意したい、そんな方にこそおすすめできるのがこの既製品の指輪なのです。

納期が早く費用もお手頃

やはりオーダーメイドにもなると、それ相応の費用がかかります。セミオーダーメイドならまだしも、フルオーダーメイドにもなるとかなりの出費を覚悟しなければなりません。今後式を挙げたり、新しい生活を送るための貯蓄を削って結婚指輪に注ぎ込むのは少々大変です。その点既製品は価格もお手頃なことが多く、手を出しやすい指輪であるのも事実です。また、オーダーメイドに比べて納期が早く数週間で手に入れることができます。ただし、既製品とはいえすぐに入手できることは少なく、サイズ調整やオプションの付加を行う必要があります。とはいえ、やはり一から制作するよりははるかにスピーディーなので、急いで指輪がほしい方は自然と既製品一択になるでしょう。

ブライダルリングは、純度の高いプラチナや金などの素材を使ったものが多く、オーダーでダイヤモンドなどの高品質の宝石を入れることも可能です。